弁護士依頼のメリット

売掛金トラブルをすぐに弁護士に相談する姿勢を持つことで、事業者は焦らず迎え撃つという姿勢を持つことが出来ます。あまりにも感情に走り相手と向きあうというのも正しい方法ではありません。

事業者が直接的に向きあうよりも弁護士に相談することの方が相手に対して相当なプレッシャーを与えることが出来る方法です。法律や裁判のプロフェッショナルである存在が弁護士であり、事業者自身が乗り出していくよりも、回収させられる法的ノウハウをいくつも持っていると相手は解釈するでしょう。相手だってそれほど法律に詳しい訳ではありませんので、弁護士という名前を出すだけでびびってしまうケースも多くあります。

弁護士というネームバリューでスムーズに売掛金回収が出来てしまうのかもしれません。
相手は弁護士名義の通知を受け取ったとき、場合によっては裁判所を使った強制的な手段も覚悟もしなければならないかもと想像を膨らませることになり、今まで通りにはいかないと自覚をするはずです。

弁護士という存在は民事保全や訴訟、強制執行といった法的手続きなどノウハウを持つ法律のプロフェッショナルというのは紛れもない事実です。効率的かつスピーディーに回収業務につとめてくれるのは紛れもなく弁護士という存在なのです。

デメリットもある?

事業する人たちが売掛金のトラブルを弁護士依頼するデメリットも存在しているかもしれません。 もちろん事業者は売掛金のトラブルを弁護士に依頼すれば、それなりの費用のも支払いをしなければなりません。

弁護士に相談するものの相手の会社が倒産して売掛金の回収が出来ないというケースもあるかもしれません。回収出来ないでも弁護士にはお金を支払いする必要があります。回収に成功出来たのなら出来たで別途成功報酬を弁護士に対して支払うことになり、やっぱり節約しようという姿勢からはなかなか弁護士に相談しようという選択は起こらないのかもしれません。

取引先を大事にしたいというのなら弁護士に相談することによって今まで無難になんとかいっていた関係を悪化させてしまうことになるかもしれません。 それは弁護士が回収に成功出来たとしてもです。 継続的な取引をしている得意先という場合では、弁護士相談することによってかえって被害が大きくなるということも考えることが出来ます。

ただし普通に考えるのなら、売掛金の支払いをしない取引先はもう既に相手がいい取引先であることを放棄しているともいうことが出来ます。そのような相手を大事な取引先としている程、今後もっと大きな足を引っ張られてしまうことになるかもしれません。

売掛金回収のトラブル

売掛金のトラブルを事業者はどのように解決して行けば良いのでしょうか。事業者は、そのような問題まで弁護士に相談するまではないと考えているのかもしれません。しかし事業をする人たちがそのようなトラブルで、事業に大きな影響があり、事業者自身が焦っているようなら自分で何か解決の糸口を見付けようと思っても決して上手くは行かない確率の方が大きいでしょう。

なかなか些細なトラブルに見え、大きな問題であり、解決も難しい問題とされています。このような問題こそ事業する人たちは、弁護士に相談してまずは落ち着いた気持ちになり、順番に物事を解決して行くというモチベーションが正しいのです。ひょっとしたら事業する人たちは、なかなかお金を回収することが出来ないから、これ以上費用をよけないところに使用したくないから弁護士に相談しないという気持ちでいるかもしれません。しかし、事業者として本当にそのモチベーションが正しいのかもう一度しっかり考えてみましょう。

このような問題は今回一度切りの問題ではなくて、事業が大きく成長する程数多く抱えてしまうトラブルです。そのときあなた自身でなんとかしようと思って弁護士に相談しないままでしょうか。

事業する人たちは、結局は弁護士に相談するというモチベーションによって数多くの雑務を回避しようとしているようです。トラブルという雑務は事業のメインの業務よりも時間も労力もかかってしまうものであるかもしれません。